PROFILE

和田明 - わだあきら


NYへの短期渡米を経て2015年に上京。若手ジャズミュージシャンの登竜門と言われるちぐさ賞で最高賞とオーディエンス賞をダブル受賞。
2017年、ちぐさレコードよりアルバム「ESSENCE」発表。大手新聞社各社や、Jazz雑誌、ラジオ等で取り上げられる。
2018年、motionblue yokohamaでのワンマンと、渋谷JZ bratでのワンマンがそれぞれソールドアウト。
2019年、クルーズ船、にっぽん丸にて4日間の公演。smartnewsが選ぶ「おすすめのジャズシンガー10選。世界的シンガーから現代ジャズまで」に選出。
pf.桑原あい氏のディズニー音楽ジャズカバーアルバムに「塔の上のラプンツェル」のカバーで参加。
篠原涼子氏が出演する日本和装のテレビCMにてアカペラ歌唱するほか東京スカイツリー、KOSEなどのCM制作、アニメ「ボールルームへようこそ」等の劇中歌も歌唱している。制作に携わった指宿白水館のラジオCMで第53回ACC広告大賞受賞。自身の主催するボーカル・スクール「feels」で代表兼講師を務める。エンターテイメント性の高いステージと、音楽性の高い歌唱、そして「スモーキー・ベルベット」と評される独特な声が魅力のシンガーである。